ドライブレコーダーが無実を証明してくれる

維持費が安い車

運転する人

軽自動車は年々人気が高まり、自動車メーカーからも多くの種類が出ています。昔は軽自動車というと狭く少人数しか乗れないイメージがありました。しかし、最近では、広く設計されたものが多く、乗っていても窮屈さは感じません。また軽自動車のメリットは維持費がかからないというところでしょう。ガソリン代だけでなく重量税などの車にかかる税金も普通車より安く設定されているため人気があります。

車検でも重量税によって金額が変わってくるため、軽自動車は料金がやや安くなるようです。車検には車検の基本量と法定費用がかかります。法定費用とは重量税や自賠責保険料のことです。どこの業者で車検を行なっても費用は一律で変わりません。しかし、車検の基本料は業者によって変わってきます。安く済ませたい人は格安業者、新車などで丁寧な車検を求める人はディーラー車検にするなど、目的に合わせて業者を選ぶとよいでしょう。また修理箇所がある場合は、部品や修理代として追加料金が発生します。そのため長く乗っている車や古い車は車検に出すと、費用が高額になってしまうこともあります。中には数十万円する場合もあるので、そうなることが予想できる時は買い替えも検討しましょう。

軽自動車も普通自動車も車検期間は2年です。必要な書類も普通自動車の時と同じですが、軽自動車は車検を受ける施設が違います。軽自動車検査協会が運営している検査場を利用することを覚えておきましょう。利用する時には普通自動車同様、予約が必要です。